TOP > リペアサンプル

ショートスケールのスチール弦アコースティック

LUNAという国産品です。
ペグ破損。
表板にサインペンの落書きあり。
ピックガードはシールのようなもの。
指板は合板のようです。
ポジションマークも妙な感じです。
貼り直してみようと思います。

長期間、弦を張りっぱなしにしていたのか、お腹が出ています。
まず平らにしてあげなきゃいけませんのでバックを外します。

バックとサイドは合板でした。

お腹が出ていたのはブレーシングが少なかったからでしょう。
ブリッジの裏も補強材がありません。
アイロンで暖めたり、ノミで削ったりしてすべて外します。

蒸しタオルで湿気を含ませたあと治具で表板を矯正します。

バインディングを小刀で削り取っています。

サンドペーパーで仕上げます。手前は少々削り過ぎたので補強しています。
サウンドホールも補強しておきます。

ライニングを接着していきます。

新しいバックにブレーシングが付きました。

トラスロッドを装着しました。材は長ネジです。

表板のブレーシングを描き入れます。

ブレーシングを付けたところです。

サウンドホールのパーフリング。シンプルにしました。

塗装はすべて剥がし、ペグ穴とネジ穴を埋木します。

不揃いなブリッジも埋木しました。
マホガニーの色素がしみ込んでいるので塗装でカバーしようと思います。
バインディングの溝をルーターで削ります。
突然ですが完成写真からのスタートとなります。事情によりリペア過程の記録がとれませんでした。
暇つぶしにご覧ください。